患者中心の診療を前面に掲げる「関東労災病院」

神奈川県内に存在している2つの労災病院のうちの一つである関東労災病院
610もの病床があり、規模はもちろん医療のレベルも非常に高いと評判で、医療従事者はもちろん一般の人々にも有名な病院です。

運営は、独立行政法人労働者健康安全機構
診療科目は内科が細分化されており、また、整形外科や耳鼻咽喉科、救急科など、一般の人でも問題なく通うことが可能な体制が整えられています。

特徴はいくつかありますが、近年では特にがん診療に力を入れており、この分野でも高い評価を受けている点は見逃せないでしょう。
先進医療も積極的に導入し、患者に対してあらゆる選択肢を用意してくれているのも「関東労災病院」の大きな魅力の一つ。

また、労災病院であることから整形分野に関して力が注がれているのは当然なのかもしれませんが、そこからスポーツ整形外科へと発展し、プロのスポーツ選手なども利用するまでに至っています。
ここは他とは異なる当病院の大きな特徴と言えるでしょう。

当然のことながら地域とも連携し、患者のことを第一に考えながら診療を行っており、医療レベルはもちろんのこと、医師と患者との関係性という面で見ても、非常に進んでいる医療機関と言えるのではないでしょうか。


イメージ参照元:http://itot.jp/14133/411

  競争率が高く募集が限定されている求人状況

常時、医師の募集がなされているわけではありません。
必要に応じて採用情報が出されるのですが、その時期も特に定まってはいないため、狙いを定めているのであれば、常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

いずれにしても、有名な病院であることもあり、医師の採用情報が出れば必然的に競争率は高くなります。
また、複数の診療科目の医師が同時に募集されることはなくはありませんが、特定の分野の医師を募集することの方が圧倒的に多いため、標榜する診療科目が多いとはいっても、自らの経歴に沿った募集が出るとは限らないでしょう。

この病院一本に絞って転職活動を行うことは賢明ではありません。
例えば、転職エージェントのスタッフ等とのコネクションを構築しておき、もし「関東労災病院」で求人や採用情報が出たりすれば、その時にすぐに連絡を受けられるような形を整えておくと、情報のキャッチがしやすくなるのではないでしょうか。

転職は視野に入れているけれども、まだタイミングを図り切れていないのであれば、このような形でタイミングをうかがうことも一つの方法としては有効でしょう。
競争率が高く募集が限定されていることを考えれば、敢えてそこを目指して準備を整えておく価値はあるのかもしれません。


イメージ参照元:http://www.kantoh.johas.go.jp/

 

神奈川県内にある2つの「労災病院」のうちの1つが「関東労災病院」なのか!
先進医療にも積極的みたいだから、最先端の医療に触れたい医師にとってはとっても魅力的な病院だね。

だけど、「関東労災病院」は常時、医師の募集をしているわけではなし、募集をしていたとしても自分がやりたい診療科目の募集がされるとは限らないんだね。
この病院もコネでの転職も可能みたいだから、コネがあるならそれを活かしつつ、他にも情報を集めるべきだね。