幅広い診療分野を抱える「横浜市立大学附属病院」

神奈川県横浜市金沢区所在の横浜市立大学附属病院は、横浜市立大学が運営している医療機関であり、神奈川県内でも非常に有名な病院の一つとして、日々多くの患者を受け入れています。

多くの患者を受け入れるということは、それだけ評価も高いということ。
実際にこの病院を利用した人は、その設備や医療技術などに対しては高い評価を与えており、他の病院と比較しても信頼度が高い施設であると言えるのではないでしょうか。

神奈川県内にも大学病院をはじめとした規模が大きく有名な病院はいくつも存在していますが、この「横浜市立大学附属病院」はその中でも比較的新しい点が一つの特徴としてあります。

設立されたのは1991年のこと。
病床数は精神病床と結核病床も合わせると630を超えています。

診療分野も非常に広く、あらゆる患者を受け入れることが可能。
リウマチ・血液・感染症内科、腎臓・高血圧内科、内分泌・高血圧内科など、非常に細かく分類されている点も特徴として挙げられるでしょう。
細分化されているため、内科や総合診療科といった診療科は標榜されておらず、それぞれの症状や疾患に沿った診療科で診療を受けることになります。

医師にとっては専門分野に打ち込める分、今後需要が増えていくとみられる総合診療科などがない点をどう考えるのかは、一つポイントとなってくるのかもしれません。


イメージ参照元:http://sinkanurse.jp/7231/

  転職希望者は人材紹介会社に相談を

述べたように、あらゆる分野を専門的に診療できる点において、この病院で働く医師は、人によっては非常に都合がいいと感じるのではないでしょうか。
当病院へと転職してキャリアを磨きたい、スキルをアップさせたいと考える医師がいてもおかしくはないでしょう。

この病院では、常に採用情報は出ているものの、医師に関してはその限りではありません。
臨床研修医に対する募集はあるので、これに当てはまる人は応募し、臨床研修医採用試験を受けてみてはいかがでしょうか。

同様に、歯科臨床研修医に関しても募集が行われているため、気になる人やこの病院で学びたいと考える人は、応募を検討してみるといいでしょう。

それ以外の医師に関しては、応募することすらままらない状況です。
何のコネクションもなく「横浜市立大学附属病院」へと転職するのは困難なため、別のプロセスを探るしかありません。

もしどうしてもこの病院にこだわるのであれば、人材紹介会社や転職エージェントと呼ばれるものを利用し、相談してみることをお勧めします。
キャリアコンサルタントはあらゆる繋がりを持っているため、もしかしたら、そこから転職の道を探ることができるかもしれません。


イメージ参照元:https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/

 

「横浜市立大学附属病院」は規模が大きな有名病院の中で比較的新しい病院なんだね。 診療分野が細かく分類されているから、医師にとっては専門分野をより深く学ぶ事ができるのか! 高齢化で今後需要が増える「総合診療科」が無いのは覚えておきたい事実だね。 「横浜市立大学附属病院」もコネが無いとなかなか転職は難しいとか。 知人に相談してみたり、転職エージェントのお世話になる事も検討してみるべきだね。