日本赤十字社が運営する「横浜市立みなと赤十字病院」

この医療機関が開設されたのは2005年ではありますが、ゼロから立ち上がったわけではありません。
前身となる医療機関には、横浜市立港湾病院及び横浜赤十字病院があり、これらが横浜市議会によって民営化されることが決定され、現在の「横浜市立みなと赤十字病院」となったという経緯があります。
実際に運営しているのは日本赤十字社です。
神奈川県内には他にも赤十字病院がありますが、ここはその1つであり、規模で見れば秦野赤十字病院や相模原赤十字病院を凌ぎます。

精神科や消化器科、心臓血管外科や形成外科など、当病院へとなる前にはなかった診療科目も複数設置され、規模が拡大されたことによって、神奈川県内でも有名な病院となり、評価も日に日に高まってきている状況です。

ごくごく一般的な診療科目を標榜しているイメージはあり、そういった意味では無難という声も聞こえてはきそうですが、しかし、多くの患者にとっては利用しやすいと感じるのではないでしょうか。

他に、アレルギーセンター緩和ケアセンターがんセンターを構えている当病院。
こうした疾患への医療体制が充実していることをうかがわせ、実際に高いレベルの治療を患者に対して提供することができています。


イメージ参照元:http://www.doctor-map.info/dtl/60000000000000009408/

  常に複数の医師募集案件が存在

神奈川県内に存在する有名な病院、これは主に大学病院を含めた病床数の非常に多い医療機関についてですが、転職を熱望しても、それを叶えてくれるほどの求人案件は存在していません。
しかし、「横浜市立みなと赤十字病院」に関しては、大学病院とは運営スタイルも異なるため、比較的求人とは出会いやすい状況にあります。

まずチェックすべきは、当病院のオフィシャルサイトでしょう。
採用情報を見れば、ここにその時々で医師を募集している診療科等が記載されています。
それぞれの採用情報をチェックし、詳細を確認した上で問い合わせてみてください。

人数があらかじめ決められているものもありますし、特に定められていないものもあります。
人数に制限がある場合は1名から2名程度のため、興味があるのであれば早めに応募の決断をすべきでしょう。

注意ポイントとしては、給与額が具体的に記載されていない点。
ここは問い合わせなければ把握することができません。

また、必ず見学をし、実際に職員に話を聞くことも重視してください。
病院見学に関する問い合わせ先と処遇に関する問い合わせ先が別になっている案件もあるので、これらも確認してからコンタクトを取るようにしましょう。


イメージ参照元:http://www.yokohama.jrc.or.jp/

 

「横浜市立みなと赤十字病院」は「日本赤十字社」が運営しているのか。 一般的な診療科目をかかげている事は、デメリットではなくて患者さんにとって利用しやすいので魅力だと思うな。 大学病院と違い、この病院の医師求人と出会いやすいのはメリットだね。 公式HPを欠かさずチェックして、募集をしていたら早めの応募が大切だけど、必ず給与額や職場見学などの問い合わせも忘れずに!