神奈川県内にある労災病院の一つ

神奈川県内には2つの労災病院があります。
一つは関東労災病院、そしてもう一つが横浜労災病院です。
前者は川崎市に所在し、後者はその名称からもわかるように横浜市にあります。

労災病院であるため、運営は当然、独立行政法人労働者健康安全機構となっています。
病床数は650と、この数字からもかなりの規模を誇っていることがわかるはず。

診療科目に関しては一通り揃っており、しかし、労災病院であるという性質上、内科や整形外科に特に力を入れていると言えるでしょう。
もちろん、一般患者も診察及び治療を受けることが可能なため、小児科や産婦人科なども含め、どの診療科目も標榜され且つ質の高い医療を受けることが可能です。

横浜労災病院」がその他に特別に力を入れているのは、がんや糖尿病の対策、そして、老年病対策など。
救急診療体制も十分に整っており、常に受け入れることが可能な体制となっています。

人材育成にも力を注いでいるため、「横浜労災病院」で働くことができれば、他とは異なる高度な医療スキルを身につけることができ、キャリアを構築する上でも非常に有意義な経験となるはずです。
有名な病院は軒並みそうですが、転職先の候補として挙げる価値は十分にあるでしょう。


イメージ参照元:http://www.m.chiba-u.jp/class/allergy/student/04/06.html

  数は少ないものの正規医師の募集あり

規模の大きな病院、あるいは有名な病院というのは、転職しキャリアアップを目指すためには非常に有効であるものの、一方で転職しづらいという現状もあるため、それとも向き合いながら動いていかなければいけません。

まずはなんといっても求人の有無を把握するところからでしょう。
「横浜労災病院」の求人ですが、医師が活用できる転職サイトなどに登録しても、そこで見つけられる可能性は極めて低いのではないでしょうか。
大学病院などよりは可能性があるものの、独立行政法人であることを考えても、そうした媒体に頼るのは現実的ではありません。

確実なルートとしては、当病院のサイトから応募する方法です。
数は少ないですが、医師の募集は常にと言っていいほど出ており、そこから応募することでチャレンジすることが可能です。
募集している分野・領域ごとに、どのような医師を望んでいるのか、その応募資格や応募条件等が記載されているので、気になる人は詳細をチェックしてみましょう。

もちろん応募前の院内見学も受け付けてくれています。
一度も足を運ばずに転職を決めることはもちろん、応募することもできないはずですから、まずは問い合わせを済ませた上で見学へと赴き、それから応募に踏み切るか否かを決定するようにしてください。


イメージ参照元:https://www.yokohamah.johas.go.jp/

 

神奈川県内にある2つの「労災病院」のうちの1つが「横浜労災病院」なのか!
大規模な病院なだけあって一般的な診療科目は一通り揃っているけど、特に力を入れているのは「内科」や「整形外科」や「がん」、「糖尿病」、「老年病」なんだね。
他とは異なる高度な医療スキルを身につけるにはピッタリの病院だ!

だけど、「横浜労災病院」は求人サイトや転職サイトでは求人を見つける事は難しいからやはり、病院の公式HPを根気よくCHECKするのが確実だね。